ユーグレナ商品の原料はミドリムシ

ユーグレナで健康ボディになりたい

ユーグレナ商品の原料はミドリムシ

最近、「ユーグレナ」って話題になっていますよね。
ダイエット効果があるとか、美容に良いとか、バイオ燃料になるとか、いろんな話を聞きます。
でも、「ユーグレナってそもそも何なの?」って疑問に感じている人も多いですよね。
だから今回はユーグレナの正体、そしてその詳細について解説してみます。

まずユーグレナの正体ですが、じつは「ミドリムシ」なんです。
そう、理科の観察実験で、顕微鏡でのぞき見たアレです。
緑色の蛆虫みたいなアメーバみたいな、細長い生き物です。

ユーグレナは池や沼、湖など世界中の淡水に生息している生き物で、春から夏にかけて大繁殖します。
よく池の水が緑色に見えるようになりますが、あの正体は主にユーグレナなんです。
水面を緑色に染めてしまうくらい、大繁殖する生き物なんです。

ミドリムシは「ムシ」って名前につくぐらいだから、ミジンコなんかと同じ虫っぽい微生物なんだろうと思われがちですが、じつは植物のように「光合成」をするんです。
体の中に葉緑体をもつ生き物なんです。
でも、だからといってミドリムシことユーグレナが植物なのかと言えば、単純にそうとも言えません。
鞭毛運動っていう動物的な移動手段をもっているからです。
いったい動物なのか植物なのか、どっちか分からないですよね。
じつは生物学的にもユーグレナが動物なのか植物なのか、決着がついていないんです。
地球上の生き物の中でも、かなり特殊な生き物の一つなんです。

そんな特殊な生き物であるユーグレナを健康食品にしてしまおうと考えた人がいたこと自体が、凄いですよね。
そして実際にユーグレナによって健康効果を感じている人が多いのも、驚きです。